駒立ぶどう狩のあゆみ

岡崎市内中心部より北東へ10km程に位置する山合いで、戦後間もなく養蚕に変わる作物として、当地域の環境に合った『ぶどう』に注目をし、3名程の先駆者により栽培を始められました。

  • ぶどう狩りが始まった当初の開園式

    ぶどう狩りが始まった当初の開園式

  • 当時(昭和30年代)頃のぶどう狩りの受付風景

    当時(昭和30年代)頃のぶどう狩りの受付風景

  • 名鉄バス開通式

    名鉄バス開通式

  • その後、昭和35年に名鉄バス路線が開通しました。運行が開始されたのを期に、当時安城の梨狩り・矢作のイチゴ狩りなどを見て、観光農園の話がもちあがり、名鉄・市・農協など各団体の協力を得て、駒立町果樹組合にて駒立ぶどう狩りを始め、翌年には駒立ぶどう狩り組合を設立しました。
  • 昭和35年初年度には、名古屋方面などからの来客で3,000名の入園者数があり、年々来園者も増え、50年を過ぎた現在では50,000名程の来園者があり、栽培面積も12ha程となりました。
    ぶどう狩り園としては東海随一の規模を誇っています。
  • 名鉄バスにて、ぶどう狩りに来て頂いたお客様(昭和40年頃)

    名鉄バスにて、ぶどう狩りに来て頂いたお客様
    (昭和40年頃)

  • ぶどう狩り開園20周年の記念写真

    ぶどう狩り開園20周年の記念写真

  • ぶどう狩り組合を設立した当初は、組合員数8名で発足しました。  時代の流れの中で、最高15名の組合員がありましたが、現在では、後継者等の問題で7名の組合員となり運営をしています。
  • この他に個人で、遅くよりぶどう狩りを始められた方もあり、当組合とは運営を異としています。
  • 家族づれで賑わう『ぶどう園』

    家族づれで賑わう『ぶどう園』

岡崎駒立ぶどう狩り

お問い合わせ