観光案内 四季の膳 ひさご
ようこそ 創作料理 お部屋のご案内 ご予約 交通案内 観光案内


恵那峡   ■恵那峡
 澄んだ水が穏やかに流れ、時ごとにさまざまな表情を見せる恵那峡。木曽川の中流に、中津川市、恵那市、蛭川村、福岡町の4つの地域に囲まれてなすこの峡谷は、長さ14kmにも及び、その景観の美しさから観光地として広く知られています。中津川市内に至る恵那峡の上流部は奥恵那峡と呼ばれ、その上手には城山大橋が架けられています。

■恵那山
 中央アルプス最南端の主峰、恵那山。中津川市の東南部と長野県阿智村とにまたがる標高2,191mのこの山は、江戸時代から美濃随一の名山として知られています。
  恵那山

どんぶり会館   ■道の駅「土岐美濃焼街道」どんぶり会館
TEL.0572-59-5611
定休日  火曜日・年末年始
時 間  10:00 〜11:30 ・13:00 〜14:30 ・15:00 〜16:30
予 約  必要
作陶料  個人 大人2,500 円/子供2,000円
団体 大人2,200 円/子供1,800円
絵付料  マグカップ・湯呑・飯碗600円〜 等

■落合の石畳
 落合宿と馬籠宿の間は急峻な坂道でこの急な坂の通行の便を図り、また大雨による道のぬかるみを防ぐために、自然石を敷きつめて整備されたのが石畳です。
  落合の石畳

女夫岩   ■女夫岩
 女夫岩は、男女のシンボルを表す巨大な陰陽石。JR中津川駅の西、中津川左岸に位置する桃山公園内にあり、その大きさは女岩が高さ4m、周囲30m、夫岩が高さ8m、周囲24mで、天然造形の妙を極める全国でも類を見ない奇岩です。

■品の字岩
 恵那峡の両岸に数々ある奇岩・怪石のうち、その上流部で際立つのがこの岩。天然石が縦に3つ積まれている形が、漢字の「品」という字に見えることからこの名前がついています。
  品の字岩


戻る