栽培について



きのこ
タモギタケの栽培
▲タモギタケの栽培
霧太郎
▲霧太郎
タモギタケ
▲タモギタケ
キノコがすくすく育つように直射日光の当らないようなハウスで、一定の湿度と温度に調整されています。『霧太郎』という機械で、湿度調整を行っています。

オガコを入れる機械
▲オガコを入れる機械
キノコを植える容器
▲キノコを植える容器
きのこの生長する様子
▲キノコの生長する様子
●左) キノコの容器にオガコを入れる機械です。その後、菌を植えて無菌室でキノコを栽培します。
●中央) キノコを植える容器がたくさんあります。時期がきたらキノコを植えていきます。主にキノコの生産は冬になります。
●右) キノコの生長の様子です。

収穫されたタモギタケ   収穫されたタモギタケは、大きめで、色がよく新鮮です。キノコ本来の豊かな香りがします。収穫されたキノコは湿度調整された貯蔵庫に入れて大切に保管しています。   タモギタケ

 

シイタケの玉がぎっしりと並ぶ専用ハウスです。敷地内にはキノコ専用ハウス2棟と培養舎1棟が設置されています。

  シイタケの玉



大豆
 

右写真の赤色の機械は、大豆などの種を蒔く機械です。これをトラクターでけん引して蒔きます。

  大豆の播種機

大豆の中耕作業風景

 

大豆の中耕作業風景です。収穫の時期に向けて、すくすくと育っています。  



お米
代掻き
▲代掻き
苗
▲苗
田植え
▲田植え
●左) 良いお米を作るための地盤作りとして、代掻きを行っています。
●中央) 明日植えるばかりのです。青々とした若芽がまぶしいです。
●右) 田植えの様子です。お米の成長を考えて、苗と苗の間隔を広めにとって植付けます。



戻る