飛騨牛の紹介

 飛騨牛とは岐阜県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種で、日本食肉格付協会が実施する枝肉格付で霜降りの度合い、色や光沢、締まり、キメの細かさを数値化し、肉質を1〜5の等級に分け、歩留まりのランクA〜Cを足して格付けを行い、5等級〜3等級に認定されたものだけに飛騨牛の称号が与えられます。和牛のオリンピックともいわれる第8回全国和牛能力共進会において、飛騨牛は見事日本一の栄冠に輝き、名実ともに全国ブランドとしての地位を確立しました。キメが細かく柔らかい肉質はピンク色に鮮やかな霜降りが入り、甘さを感じるほどと言われています。

安福号
名牛 安福号

 周囲を3,000メートル級の山々に囲まれ、清らかな雪解け水を運ぶ清流、緑豊かな自然。夏は涼しく冬は厳しい寒さの飛騨地方は、肉牛の成育に適した環境と言われています。今日の飛騨牛の祖となったのが、良血の但馬牛「安福号」です。昭和56年から岐阜県肉用牛試験場で飼育され今日まで39,000頭あまりの子孫を残し、飛騨牛の品質向上に礎石を築いています。

飛騨牛肉
飛騨牛肉
 清らかな自然の中、愛情溢れる飼育や生産者の誠実な努力により、飛騨牛はその品質の向上につとめてきました。当店の飛騨牛は数々の全国チャンピオン牛を輩出した清見藤瀬農場の信頼できる生産者をはじめ、最高ランクのA5等級からお値打ちなA3等級まで、安心安全な飛騨牛のみを取扱っております。

飛騨の山
豊かな自然が育んだ味
 山と水の織りなすすばらしい自然、とりわけ飛騨は、夏涼しく、冬は寒さが厳しく、 みどり豊かな山々から湧き出る美しい水澄んだ空気等、 牛を飼うのに適した条件、加えて牛を飼う人々のやさしさ、愛情、牛との対話、これら総てがおいしい「飛騨牛」を作り上げています。 こうして作られた「飛騨牛」の、肉の“やわらかさ”、舌にとろける“うまみ”はまさに牛肉の芸術品です。

戻る