小林武春 作品 オードブルセット 窯元の紹介 お問い合わせ 買い物かごの確認 お支払い方法 トップページ トップページ お支払い方法 買い物かごの確認 お問い合わせ 窯元の紹介 オードブルセット ペアティーセット 小林武春 作品

| あかり | 汲み出し | 湯呑み | ぐい呑み | 抹茶茶わん | 徳利 | 作家紹介 | 小林武春作品TOP |






竹林窯
小林 武春

岐阜県土岐市肥田町肥田1421の5
電話 0572-59-3296



美濃陶芸

 「志野はあらゆる陶器の中でもっとも日本的な味わいのふかい焼き物である。・・・・・・・・やわらかい感じの釉が厚くたっぷりとかかっておりあたたか味を感じるものである。ところどころに緋(火)色という志野独特の調子の高い薄紅色が柚子のようにぽつぽつアバタのある肌に自然ににじみ出ている美しさは他の国にも類がない。」

                 荒川豊蔵 「志野」
 
   志野は黄瀬戸、織部と共に古来わが国でやきものがもっとも栄えた桃山時代、美濃の窯で生れ、そも味わいやすぐれた造型性は当代唯一のものとして認められてきました。
 ここ美濃の国、美濃陶芸の伝統にたって時代の若々しい感触と表現を作陶に追求するのが今日の地元陶芸作家の姿です。作品は一片のへら使いにも留意し、 釉薬を吟味し焼成に全てをつくした手造りです。

枯淡が息づく湯呑茶碗。 白志野、赤志野、鼠志野を揃えたぐい呑。
志野の肌ざわりと大胆な形をお楽しみください。





小林武春 陶歴

昭和18年 美濃土岐に生れる
昭和45年 美濃肥田に築窯
昭和49年 土岐市民展にて奨励賞
昭和59年〜平成12年

東京池袋「東武百貨店」にて個展

昭和59年〜62年 名古屋三越星ヶ丘百貨店にて個展
昭和60年 新潟「大和百貨店」にて三人展
昭和62年 緋彩志野発表
昭和60年
昭和62年
平成元年・3年・5年
「新岐阜百貨店」にて個展
平成5年 曙志野発表
昭和61年
平成元年・2年・4年
平成6年・8年
大阪「阪神百貨店」にて個展
平成5年〜10年 ギャラリー真田にて個展
平成5年 北海道旭川・札幌「丸井今井百貨店」にて個展
平成5年・7年・8年・
  9年・10年・12年
「加古川そごう」にて個展
平成11年 横浜高島屋にて個展

◆商品について
 ・全て手造りです。
 ・窯は1.5ヶ月に1回のペースで焼き上げます
 ・在庫切れの場合は、お時間を頂く場合もございます。


戻る