★易学への思い★

当たるか当たらないか、人々が占いに求める価値は、その一点にあると思います。人の一生を左右する力を有するのが、易学です。必ず易と神通力は不離一体だと思います。したがって本来遊びで提供するべきものではなく、まして、お金を頂いて他人の運勢を鑑定し、アドバイスをするなら鑑定する側の責任は重大です。報酬を受け取って人の人生を占うことは、相手と心中するくらいの覚悟が必要だと私は考えております。易占を業として他人の人生に関わる以上、占術家には、常に本物を提供する義務があるからです。

鑑定士としての数10年の経験から言わせてもらえば、直接お会いして、生れた時間や他の要素も加えて占うことが出来れば、限りなく100%に近い答えを出すことは可能です。その人の運勢や欠点を教える人生のナビゲーターとして、鑑定で得られた示唆を生かし、本人が正しく修業をして短所を克服し人生を好転させた例を、実際にこの目で数多く見てきました。”知る人ぞ知る”希望の未来に旅立つために!不運が3回続く場合は是非 ご連絡まで・・・。
0.戻る